2015年1月31日土曜日

SHIROBAKO14話の名言「政治的なキャスティングは必ずバレる」


SHIROBAKO14話でおっ!となったシーンがあったのでメモっておく。
声優のキャスティングに関する会議で、出資者ら様々な立場の人が、おっぱいが大きいから誰々とか、
歌がうまいから誰々とか、顔が良くてイベントに客が呼べるから誰々とか、有名声優で知名度が
あるから誰々とかそれぞれの立場で言いたい放題の状態だったところでの音響監督のセリフ。

「まっ、新人でありながら9票中4票っていうのは鈴木京子さん、なにか持っているってことなんでしょうね。
端役何度かやってもらっていますが上手でしたよ、彼女。逆に1票づつの方たちは、化けたりハマったり
する可能性もないとは言えない。ですがお三方、人気、歌唱、容姿と演技以外で選んでる。
そこが問題です。政治的なキャスティング臭がします。政治的なキャスティングは必ずバレます。
そしてそれは断言できますが、作品にプラスになることはない。絶対にです。一方で鈴木京子さんの
経験の少なさが不安という意見も理解できます。 そのときは、私達が育てればいいんですよ。」

これは、いいね!まぁ今回のスポンサーサイドの意見は一番極端なパターンを見せているんだろうけど、
でも実際例えば、petit miladyのユニットを売りたいから悠木碧さんと竹達彩奈さんをキャスティング
するみたいな決め方をしているアニメも実際あって、そういう決め方をしているアニメは結局大した
ヒットもせず、駄作で終わっているね。逆に、観た作品の中で演技力が際立っているなぁと感じた
キルラキルとかは、ちゃんとキャラにあった演技ができる人をキャスティングをしたからこそ、ああいう
結果になったのだと思う。政治的なキャスティングは絶対にバレる。そしてそういう決め方をした
アニメは結局駄作で終わる。これはたしかにものすごく共感したわ。

と、思いながら観ていたら、子安さん扮するDKレース・クリエイティブプロデューサーの枕田強の
「はおとめ~さんのくびれ~が~くびく~び~♪」 に吹いたww。

SHIROBAKO 第5巻 (初回生産限定版) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2015-04-22)
売り上げランキング: 45