2014年11月11日火曜日

夫が有名AV監督の元AV女優が語るAV女優の実態がすごい・・

何だこの記事・・。
https://www.facebook.com/marikokawana/posts/735964493151926
夫が溜池ゴローというAV監督で、元AV女優の川奈まり子氏が書いているAV女優の実態に関する
話がかなり興味深い。

・トップ女優は1本300万もらえるが、底辺女優は1本2~3万しかもらえない
・AVメーカー専属の単体女優は各メーカー1~3人くらいしかなれない
・女優の選定はメーカーの営業などの市場リサーチに基づいて、条件に合致した候補をリストアップした上で、AV監督がプロデューサー立会のもとで面接するから色仕掛けの余地が入らない

とかとか、どんだけ狭き門なんだよ・・。これじゃあAKBとかアイドルの上位に食い込むのと難易度
そんなに変わらないんじゃないか?しかも底辺女優が1本2~3万とか、世間に顔が晒されて、
ぶっちゃけ一般的にはマイナスの経歴として評価され、遊び相手としては需要があっても、
結婚相手としては敬遠されるであろうこの職業になるメリットってもはやどこにあるんだ?
まったく割に合っているように思えないぞ。

テレビに出てちやほやされたいならアイドルになるほうがまだ分がいいし、男性にちやほやされたいなら、
オタサーの姫を目指すほうが分がいいだろ。金を稼ぐにしても、1本2~3万しかもらえないのより
はるかに効率がいいのがいくらでもあるだろ。この職業そのものが好きじゃない限り、全くなるメリットが
ないように思えるな。